アルコール中毒

去年の健康診断でコレステロールの数値が悪かったので、近くの病院に定期的に通い、診てもらっている。

昨日の診察の中で何気なく毎日アルコール(ストロングゼロ)を飲んでいると伝えると、

「ああ、それはアルコール中毒ですねー」

と突然いわれて驚愕した。

僕の中のアルコール中毒者像は、汚らしい半袖のシャツ見たいのを着て、一升瓶を片手に、穴の開いた障子にもたれかかり、お酒がきれると手が震え、

「お、おい!! さ、さ、酒だ! 酒もってこい!!」

ガッシャーン!

的なイメージだったのだが、ここ数年で定義が変わり、機会摂取(予定している飲み会など)でないのに、毎日1滴でも飲んでいたら、それはもう立派なアルコール中毒とのこと。まさか自分がアル中と言われるとは。。

医師にズバリと言われて結構ショックを受けたので、猛省して、それからは1週間ほど止めているのでした。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次