感情に支配されず意思決定するためには

株をやっていると、自分の意思決定がいかに感情に支配されているかがわかる。

これ以上損したくないから、損切りできずに塩漬けになる。(恐怖)

損切りができるようになっても、今度は利確が難しい。大幅に騰がったときは、もっと騰がるのではと欲が出て利確できず、そのうち急落して大した利益にならず、下手をするとマイナスになったりする。(欲望)

このように理性的に書いていても、実際に目の前にすると、今回だけは今回だけはという気持ちになり、なかなか自分をコントロールできない。

これは何も投資だけでなく、人生全般に言えることだ。どうしたらこの課題を克服できるだろうか?

仮説として、

結果に対して報酬と痛みを感じているのが問題ではないかと思っている。つまり「結果がよいことが一番素晴らしい」という自己基準があるということ。

なので、この状態を

意思決定を含めたプロセスに対して報酬と痛みを感じるように変えていけばいいのではないかと考えている。つまり「一番偉いのは自分ルールを守れたかどうかで、結果ではない」というふう自己基準を変更していくということだ。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次