アクションがなければリアクションはない

アクションがなければ、リアクションはない

学生時代に、友達が何気なく口にした言葉だ。

僕たちは化学科だったので、

リアクション(反応)という言葉に対してのニュアンスは

一般の人のそれとはちょっと違うと思うけれど、

そのまま人生にも当てはまる言葉だなあと感心した覚えがある。

  • 職場で認められたい
  • 世界をよくしたい
  • お金持ちになりたい
  • 友達がたくさんほしい

僕たちには、理想の状態は山ほどある。

だけど、

その状態になるためには

「現在の状態」から「理想の状態」に遷移するために

自分自身(もしくは自分が作った何か)と自分以外になんらかの作用をさせる必要がある。

石灰石に塩酸を加えて、二酸化炭素が発生させるように。

たとえば、

職場の評価を得るためには、

会社に貢献する仕事(成果)を作り、その成果を会社へ作用させる必要があるし、

お金持ちになるためには、

誰かが自分にお金を払いたくなるための商品やサービスを生み出し、世の中へ作用させる必要がある。

つまり、

自分自身が(たとえば何かを作り)、外の世界になんらかの作用をすることで(アクションすることで)

はじめてリアクションが起こり、現在の状態から次の状態へ遷移する。

何もせずに、状態が移ることはない。

ここで大事なことは、

そのアクションは、外に(自分から世界へ)矢印が向いていなければならない。

内に(自分から自分に)矢印が向いているアクションは、

もちろん無駄とは言わないが、効果が少ない。

たとえば、読書。

読書は、自分の「本を読む」という行動により、自分自身の知識が増えるという作用が起こる。

でもそれだけだ。

自分にとって価値の高いリアクションは外からくることが多い。

というか、自分が持ってないから価値が高いと感じるわけで、

外からやってくるものの方が価値が高いと感じるのは当然だ。

だから、自分が欲しいリアクションを得るためには、

外に矢印が向いたアクション(働きかけ)をすること。

外向きのアクションは必ずしもうまくいくとは限らないが、

たくさん回数をこなすことで上手くいくことも出てくるし、だんだんとうまくいく確率も上がる。

自分が欲しいリアクションを得るためには、外に矢印が向いたアクションを、できるだけ多くすること。

大学のときに何気なく聞いた友達の言葉は、今はそのように解釈している。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次