魔王 切り抜き

¥770 (2022/10/25 02:02:05時点 | Amazon調べ)

「犬飼は三十九歳だ。知ってるか?」俺の声は、俺が思っている以上に、大きかった。
「若いってのか?いいじゃねえか、若くて」島はそう言ってから、「未来のない老体が未来を考えられるか?未来のことを考えるのはいつだって若い人間なんだよ」と続けた。「政治家にしてみればよ、未来イコール老後でしかねえよ」(P10)

「今、この国の国民はどういう人生を送っているか、知っているのか?テレビとパソコンの前にすわり、そこに流れてくる情報や娯楽を次々と眺めているだけだ。食事も入浴も、仕事も恋愛も、すべて、こなすだけだ。無自覚に、無為に時間を費やし、そのくせ、人生は短い、と嘆く。いかに楽をして、益を得るか、そればかりだ。我慢はせず、権利だけを主張し、文句ばかり、私は、それを自由と呼んで、大事にしておくべきとは感じない」(P38)

潤也の皿に載ったスイカの中で、ひときわ大きい欠片があって、その表面に、種がびっちりと並んでいたのだ。しかも、整列という言葉がふさわしいほどに、綺麗な並び方だった。縦三列の、横は十粒ほどだろうか、綺麗に行列を作っている。偶然にできあがった配列に違いないが、けれどそれを見た瞬間、俺は寒気を感じた。(P43)

“生理的におぞましさを感じる”ような、感情に訴えかけてくる事象を大切にしていく必要があると思う。それがポジティブなものであれネガティブなものであれ。

この国の人間の最も基本的な喜びは、「おまえ、これ知らないだろ?」という優越感で、それを助長しているのがインターネットであると看破し、自分が政治家であればそれを有効に利用するだろう、とも予言した。(P125)

犬飼の台詞ばかり印象に残った本であった。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次