来年の手帳を今ごろ悩んでるのは遅すぎ

来年使う手帳を、どれにしようか迷っています。

今年はじめて使ってみた「超」整理手帳は、変わった形をしているので最初の頃はなかなか慣れなかったのですが、1ヶ月くらいしたらだんだんと手になじんきて、すぐにいい感じになりました。さすがに考え抜かれてます。

この手帳のいいところは、各種実用リフィルのPDFがダウンロードできたり、好き勝手入力したテキストを専用リフィルにあう形(A4 4つ折り)にPDF出力してくれるPaset-itというツールがあったりと、買っただけじゃない付加価値がいろいろあるところですね。特にPaset-itは、勉強用にじっくり読みたい英語ブログや、会社で定期購読してる雑誌の記事とかを会社でコッソリ大量印刷しつつ、そのままドッサリ手帳に挟んで持ち歩いたりしながら有効利用してました。

しかも、今年はあのホワイトハウス・コックスが専用カバーを発売しているじゃないですか!ちょっと高いけど、かなりカッコイイのでものすごく欲しいところです。


とはいえ、最高の手帳の探索はやめるわけにいきません。

毎年のことながら、ほぼ日手帳もかなり気になってます。この手帳はかなり評判がよくデザインもかわいい感じなので、いつも買おうと買おうと思ってるのですが、気づくと販売終了になってることが多いです。今年も例にもれず終了なのかな?とさっきのぞいてみたら、まだあと2日あったのでもう少し悩もうと思います。

ちなみに手帳は女々しく悩んでますが、ほぼ日ホワイトボードカレンダーは男らしく即買いしました。こちらはホワイトボード好きとしては当然でしょうか。

ほかにもフランクリン・プランナーとかクマガイ式とかもちょこっとだけ気になってましたが、来年はたぶん上のどっちかになりそうです。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次