坂口安吾の作品が著作権保護期間満了

坂口安吾が亡くなった1955年から50年が過ぎて、彼の作品がパブリックドメインになってました。青空文庫でもぼちぼち公開されはじめてますね。

坂口安吾の作品は高校のとき以来読んでいませんが、あれから10年以上たった今では感じ方もまた違うと思うので、いい機会だし、また読み返してみようと思います。

ちなみに僕は、坂口安吾の作品では『堕落論』もわりと好きなのですが、実はいちばん好きなのは『不連続殺人事件』だったりします。名作ですね。ドロドロ。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次