本当に何でも入るiPod

さっき弟とギネス飲みながら玉音放送について語っていたのだけど、へたくそな玉音放送のモノマネをしていたら、やっぱりホンモノが聞きたくなったということで、さっそくGoogleで調べてホンモノを聞いた。

そこまではよかったんだけど、間違えて音声ファイルのところを左クリックしちゃったのでmp3ファイルがそのまま僕のiTunesライブラリにイン。さらに悪いことにPCにiPodをつないだままにしてたので、iPodに玉音放送がスムーズに転送。なんてこった。

きっと明日の通勤中、僕のiPodから流れる音楽は『フレンジャー』の次に玉音放送という組み合わせに違いなく、朝から労働意欲が削がれること間違いなし。

アップル – iPod

手持ちの曲をすべて持ち歩いても、余裕たっぷり。まだまだ何でも入ります。オーディオブックで読書を楽しんだり、スライドショーで思い出の写真を見たり、ビデオPodcast、ミュージックビデオも楽しめます。カレンダーやemailアドレスを調べたり、世界の都市の時間確認や自己ベストタイムの記録もできます。新しいiPodがあれば、必要な情報をいつでも手元にキープできます。

玉音放送も聴けます…。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次