話題のfluxiomを使ってみた

衝撃的なデモムービーでリリース前から一部で話題になっていたfluxiomをさっそく使ってみました。

fluxiomは、ひとことで言えば「ウェブベースのファイル共有サービス」なのですが、特徴的な機能として以下のような機能があるようです。

  • ファイルにタグがつけられる
  • 全文検索ができる(basicプラン以上)
  • ユーザ毎に細かい権限を設定できる(basicプラン以上)
  • バージョン管理ができる(proプラン以上)


今っぽく検索が前面に。


今っぽいキーワードが並んでるメニュー。


画像のズームもPicasaっぽくスムーズにできる。


利用は有料で「deluxe」「pro」「basic」「private」の4種類のプランが選べます(1ヶ月間は無料お試し期間)。各プランで使える機能は以下の通り。

機能deluxeprobasicprivate
ストレージ容量8000MB3000MB800MB200MB
ユーザ数無制限無制限無制限1人まで
プレビュー
全文検索
バージョン管理
256 bit SSL
月額€169€89€29€9


ブラウザ上とは思えないような操作感や洗練された美しいUIは、まさに次世代のウェブベースド・アプリケーションといった感じで、これだけで一見の価値アリです。暗号化もバッチリなので、小規模な会社のファイルの共有とかにも使えるでしょう。

また、技術という側面から見ても、間違いなく僕が見たmade with railsなアプリの中で一番見た目の完成度が高くて勇気づけられたし、script.aculo.usの使いどころのお手本にもなったので、とても勉強になりました。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次