夜に書く文章

男は、ついにその言葉を口にした。

という一文から始まる「からあげクン」の「クン」という言葉を、買うときにどうしても言うことができないプライドの高い男が「からあげクンのレッドをください」と言えるようになるまでの葛藤の72日間を描いた5000文字くらいの感動ストーリーを勢いで書いてみて、昨晩の段階では我ながらこれは傑作だと思っていたのだけど、1日置いてから読んでみたら、内容的にかなりくだらないし、そもそも題材がものすごくチープだったのでエントリーするのをやめた。夜書く文章には注意が必要という好例。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次