String#tr メソッドは、文字を置き換えるのに使います。

一見 String#gsub メソッドと似てますが、

s.tr("a-z", "A-Z")

のように、複数の文字をまとめて置き換えられるところが違います。

正規表現を使って「パターン指定して置きかえ」みたいなことはできないので、単純に文字を置き換えるときに使うとよいかも。とはいえ、あまり使い道ないかも。

p "abcdefg".tr("b", "c")
#=> "accdefg"
p "abcdefg".tr("a-z", "A-Z")
#=> "ABCDEFG"
p "abcdefg".tr("a-z", "ab")
#=> "abbbbbb"
p "abcde.rb".tr(".*", "")
#=> "abcderb"

いちばん下の例のように「.*」と書いてもパターンを指定したことにならず、「.」という文字と「*」という文字をそれぞれ置きかえてます。

ちなみにtrは、Unixのコマンドが由来とのことでした。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次