根津美術館に行ってきた

根津美術館が所蔵の国宝と重要文化財を惜しげなく吐き出してる展示がやってると聞き、空き時間に行ってきた。

教科書でしか見たことのなかった『那智滝図』とか尾形光琳の『燕子花図屏風』を、実際に目にして感動。

燕子花図屏風(左)
那智滝図

建造物をのぞく国宝は全部で897件あるらしい。これまでの人生で50件くらいは見た気がするので、あと850件を死ぬまでに見られるかなぁ… なんて思いながら青山を後にした。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次