ちぬ倶楽部

「専門的すぎて何を言ってるかよくわからないけれど、なんとなく盛り上がってることはわかる」という状態が好きです。たとえば、前の職場で隣に座っていた同僚の武田さんという女性に見せてもらった『ちぬ倶楽部』という雑誌は衝撃的でした。確か海釣りか何かの雑誌だったと思うのですが、そもそもタイトルの「ちぬ」が何を意味してるかがわからないところから始まります。いま最新号をみてみましたが、やはり「ダンゴ持たせてテンションかけない!」とか「堤防ウキフカセで釣っちゃいます!」とか、特集がことごとく何を言ってるか意味不明です。「目から鱗の新事実レポート ー イカダの下に潜ってみました」あたりで、ようやく言葉の意味のわかる見出しが出てきましたが、この人たちがなんでイカダの下に潜ってはしゃいでいるのかがやっぱり理解できません。でも、独特の楽しさみたいなものが伝わってくるので、とても好きなんです。って、まあどうでもいいですね。今週もあと一日がんばります。おはようございます。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次