海賊とよばれた男(下)

上巻までで国岡鐵造の戦中の話が終わり、戦後に話が戻ってくる。ここまでかなりおもしろく、感動で何度も涙が出そうになった。引き続き、読み進めていく。

著:百田尚樹
¥902 (2022/12/03 12:51時点 | Amazon調べ)
気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次