いくらにみえる?パターン

<パターン名>
いくらにみえる?パターン

<概要>
いい買い物した!(いいものが安く買えた)と思っている人(主に女性)が、ちょっとした自慢をするために出題するプチクイズに絡む一連のやりとりに対して用いる。

<解説>
このパターンの難しいところは、プチクイズの解答者は解答者なのに正解しちゃダメなところである。もし間違えて正解すると(ややこしいな)、出題者はいきなり不機嫌になり、「なんでわかったの?」と逆ギレされることが多い。あまつさえ正解の金額よりも安い値段なんていおうものなら、それまでの楽しい雰囲気が一気に緊張状態に様変わりするので、解答者は慎重を期して解答しなければならない。

ただし、ビビって高すぎる金額を解答したりすると「あ、こいつ、喜ばせるためにわざと高い金額いってるなー」とバレるので、微妙に高い値段をいわなければならないところが難しい。そういう微妙なコントロールができるようになるために、普段からモノの値段に関するセンスを磨いておきたいものである。

<用例>

A「ねえねえ。このサンダル、今日パルコで買ってきたんだけどいくらにみえる?
B「えー、わっかんねーな。サンダルの相場ってどれくらいなの?」(← だいたい知ってる)
A「だめ。ヒントなし!いいから当ててみて。」
B「うーん、結構高そうだから…、そうだなー、15000円くらい?」
A「ブー、残念! 実はもっと安かったんだー。でもそれくらいに見えるでしょ!」(← 嬉しそう)

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次