哲学入門

中国哲学科卒の後輩に哲学のことを(やさしく)教えてもらいながら、厚木から帰ってきました。哲学のことをいろいろ聞こうと思ってたんですが、特に教授の話になると楽しそうに話してました。理系でも文系でも国立でも私立でも、教授は変な人(ネガティブな意味で)が多そうです。
「ちょっと興味があって本とか読みたいんだけど、まったくの素人が読むなら、やっぱり『ソフィーの世界』あたりからはじめた方がいいかな?」
「あれは、時代の順番がバラバラだからダメです(きっぱり)。哲学は積み重ねですから!」
みたいな話の途中で(下北沢~下北沢~)、彼が電車を降りてしまったので、結局何を読んだらいいか聞けずじまいでしたが、明日はなんか一冊買ってこようかと思います。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次