存在と時間

本屋にぶらりと行って、哲学らしき本を買ってきました。「存在と時間」っていうハイデガーって人が書いた本らしいです。20世紀で一番すごい人らしいので(帯に書いてあった)これにしました。
存在と時間
ちょっと読もうと試みましたが、予想以上に言葉が難しいです。いきなり章タイトルから「現存在の予備的な基礎的分析」です。ていうか、「現存在」ってなんすか?

げんそんざい【現存在】 〔哲〕〔(ドイツ) Dasein〕
一般には、あるものが現実に存在すること。ハイデッガーでは、
自己の存在に関心をもち、それを了解する唯一の存在者、
すなわち人間のこと。事物や道具などの存在者と異なって、
実存として世界内存在するとされる。

さらに意味がわかりません。平たくいうと「現存在=人間」ってことですか?「実存として世界内存在する」って、お花とかだって存在してるじゃないですか。全然理解できません。ていうか、気づいてると思いますが、まだ本文に入ってません。
てことで、まずは、タイトルで軽く挫折ですが(ダメっぽい)、こういう挫折(疑問)はわりと嫌いじゃないので、もうちょっと続けてみようかと思います。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次