人斬り以蔵

created by Rinker
¥781 (2022/10/07 15:25:09時点 Amazon調べ-詳細)

峠を読み返してからというものなんか幕末熱が止まらなくなってしまいました。面白くて仕方がありません。


タイトルになっている「人斬り以蔵」をはじめとして、他にも面白い話が結構ありました。僕は中でも「おお、大砲」っていう話がなんとも人間の滑稽さを表しているようで好きでした。


また、「鬼謀の人」という大村益次郎の短編があったのですが、司馬遼太郎は「花神」という長編で大村益次郎を描いてるってことを後輩から聞いたので、次に読んでみようかと思います。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次