間違いなく無駄ではないという安心

お彼岸である。今回は日曜日の朝早くにお墓参りに行く予定だ。

年齢的な問題かもしれないが、最近はお墓参りがぼくの中では非常に大切な位置を占めている。年齢相応の常識を身につけなければという義務感も少しある。しかし一番大きいのは、墓参りをしたときに感じる安心感を得られるからだったりする。

仕事をする。勉強をする。友達と話す。家族や恋人とふれあう。趣味に興じる。なにもしない。

生きてゆく上では様々な行動がある。自分が正しいと思ってしている行動でも、それが本当に正しいことかなんてことは誰にもわからない。よかれと思ってしている行動も、外部から認められなかったり、誤解されたりすることもあるだろう。この、行動に確信を持てない、というところが、人生のおもしろさであり、逆に不安を感じるところでもあるわけだ。

ただ、(僕の場合は)お墓参りをしているときは別だ。数ヶ月に一回、先祖のお墓に水やお花をあげたり、掃除をしたりする。そのときは、確実に安心感というか落ち着きというか、安定感を感じるのだ。すごく計算じみた言い方をすれば、少なくともここで過ごしている時間は「確実に無駄ではない」と感じるのである。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次