『θは遊んでくれたよ』読了

Gシリーズの2作目。文庫版は最近発売になったみたいだ。上野駅の明正堂書店で目についたので、さっそく購入。さすが明正堂である。

『φは壊れたね』もそうだったが、本作も同じくシンプルな構成だった。無駄な伏線がいっさいない。

単純化していえば、「次々に起こる自殺。その死体に口紅で描かれているθの文字にはどんな意味があるか?」という、たったひとつの謎しかないように思う。その謎について、登場人物たちが集めた情報・証言などを総合すると、きちんとパズルが解けるようになっている森博嗣らしいシャープな構成だ。

また、謎自体には関係ない横の話もあって、ファンにはより楽しめるようになっている。S&Mシリーズにも出てきた反町愛が登場。さらに、なんと真賀田四季まで登場したので、Gシリーズの今後が気になって仕方がない。ノベルス版では『τになるまで待って』『εに誓って』『λに歯がない』『ηなのに夢のよう』とまだ何冊もあるのでつい手が出てしまいそうになるが、読む本はたくさんあるので、文庫版が出るまでゆっくり待とうと思う。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次