冷たい密室と博士たち

前に、「すべてが F になる」の感想をエントリーしましたが、その続編です。このシリーズは「犀川&萌絵」シリーズと呼ばれているらしく、全部で 10 作品あるそうです。

全作ほどのインパクトはないように思いました。密室トリックも定番で、ミステリとしては少し物足りないです。それでも、登場人物たちの会話がとても好きなので、ついつい次作も読みたくなってしまいます。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次