ゴールデンスランバー

帯に伊坂幸太郎の小説の特徴を端的に表す紹介文がありました。

「精緻極まる伏線、忘れがたい会話、構築度の高い物語世界」

そうそう、まさにこれ。

伊坂小説を読んだ後に「なんか得した感」を味わえるのは、伏線でビックリさせられ、会話で心にやわらかい傷を残され、物語世界で読後の余韻に浸らされる、というトリプル攻撃があるからでしょう。

その中でも僕が特に好きなのは会話ですね。

伊坂小説の紹介をするときは、『終末のフール』のときも『フィッシュストーリー』のときもそうでしたが、とにかく会話が印象に残ります。

今回もいろいろありましたが、ひとつだけ引用。

青柳雅春は折ったばかりの、二つの板チョコを眺めた。丁寧にやったつもりではあったが、それでも、斜めに切れていた。見比べた後で、左手に持ったほうを、彼女に差し出した。樋口春子はしばらく、動きを止め、そして急に暗い顔になり、彼の差し出した板チョコを見下ろした。
「あれ、どうしたの」と訊ねても、すぐには返事がなかった。
「あのさ」とそこで樋口晴子が重々しく、口を開いた。そして、ふうっと短く息を吐いた。軽やかで、爽快感すら感じさせる声で、「あのさ、わたしたち、別れようか」と続けた。
「え」青柳雅春はたじろぎ、「え、これ、チョコ」ともう一度、手に持った板チョコを前に出す。
「前から思ってたんだよ」
「どういうこと?」
「青柳君、今さ、板チョコを割って、どっちが大きいかなって確かめて、それで、少しでも大きい方を私に寄越してくれたんでしょ?」樋口晴子の表情はとても穏やかで、微笑みもあった。
「あ、うん、だね」その通りであったから、うなずく。
「青柳君って、そういう細やかなところに気を配ってくれて、優しいでしょ」
それが自分の長所を挙げているのではないとはわかった。樋口晴子は手にある半分の板チョコを両手で持ち直し、無造作に、さらに半分に折った。切り口が尖った不揃いの割れ方で、破片が飛んだ。右手に持ったほうを、「はい、これ」と前へ出した。
「はいこれ?」
「って感じでさ、大雑把でいいと思うんだ。細かいことなんて、どうでも良くてさ、あんまり気を遣わないで。少しくらい、チョコが小さくても、わたし、怒んないし。わたしと青柳君、もう随分長いこと、付き合ってるんだよ。卒業してからは仕事であれだけど、だいたい一緒だったんだし、そこまで気を遣うことない。そう思わない?」
「親しき仲にも礼儀あり、という言葉が」
「あるけど、そういうんじゃないんだよ」
「板チョコを半分に割るのがそんなに?」
「青柳君は少しでも大きい方をくれる」
「それが樋口の機嫌を損ねたってこと?」
「無茶を言ってるのはわかってるんだよ」
樋口晴子は顔をゆがめた。(P95-96)

ぐむう、って感じです。

こういう何気ない風景を、言葉で捉えられるところがすごい。

って、内容ぜんぜん紹介してないですね。

とりあえず帯から引用すると、

「首相陰謀の濡れ衣を着せられた男は、巨大な陰謀から逃げ切ることができるのか?」

という、まさにエンタメ小説といった感じ。

伊坂幸太郎っぽい伏線は今回は控え目だった気がしますが、相変わらず面白いので止まらずに一気で読めると思います。長い年末年始にどうでしょうか?

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次