薬のビンにつめてあるビニールは何のためにあるのか?

「薬のビンにつめてあるビニールは何のためにあるのか?」っていう、個人的にはヒルベルト問題に加えてもいいんじゃないかと思っているほどの未解決問題があるわけですが、何度も疑問に思いつつ20年間くらいはそのまま放置していたので、この際だからちゃんと調べてみることにしました。

輸送中や保管中に錠剤や丸剤同士がぶつかり合って破損するのを防ぐためのものです。

購入後、開封したら、速やかに捨ててくださいネ。ときどき、丁寧に詰めなおして使われる方がいますが、一度取り出したビニール(パッキン)は汚染されていますから、薬を汚染させないためには処分してしまう必要があります。

薬のビンの中にあるビニール – 教えて!goo

ということで「へー、なるほどねー」とか思ってたら、三年前くらいに同じ疑問を抱いたときシンガポールに出張中の後輩がちゃんと教えてくれていたことに気づいた。ゴメンよ後輩。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次