軟水硬水

最近は、毎日 2 リットルの水を欠かさず飲むことにしています。これまで、ミネラルウォーターとかほとんど飲んだことない人生だったので、どの銘柄がおいしいかとか全然わからなくて、コンビニに並んでいるやつを片っ端から試している毎日です。密かに楽しいです。

まだすべては試していないのですが、今のところ「南アルプスの天然水」とか、いわゆる軟水のほうが口に合っているみたいです。というよりは、硬水は不味くて飲めません。実をいうと「evian」とか「volvic」を飲んでる都会的イメージにわりと憧れを抱いちゃってたりしてたんですが、結局、一番無難な感じに落ち着きそうです。都会人までの道のりはまだまだ遠いみたいです。

軟水硬水といえば、学部の授業でやった無機分析化学実験が思い出されます。ミネラルウォーターに含まれるミネラルの量を、滴定実験で定量して硬度を測定するとかいうやつです。僕は手先がとても不器用なのですが、なぜかビュレットのコックの微妙な調節だけは得意でした。

ということで、料理とかしてて、「あー、もう。ここであとお酢を 1/4 滴だけ入れたいんだけど、そんな微調整なんて絶対無理だよ!」とかいうシチュエーションなどありましたら、ビュレットを用意してから僕を呼んでください。たぶんご希望に添えられると思います。

<参考>
ビュレット(100ml) ¥12,970

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次