コーディング規約の会

休日ということで、じっくり読み込んでみました。

オブジェクト倶楽部 – コーディング規約の会

コーディング規約に関する情報をご紹介します。

Java や VB.NET、C# などのコーディング規約が無料で提供されていて、とても素晴らしい試みだと思います。プロジェクトの標準として、これらのコーディング規約を使うといった使用法もアリですね。

特にプログラミングを職業しているのであれば、可読性や保守といった観点から考えても、正しいコーディング規約の習得はかかせません。これまでコーディング規約とかをあまり意識したことのなかった人は、是非一読してみるといいと思います。

Java コーディング規約については、前に紹介した『Java ルールブック』の内容とかぶるものが多いですが(同じ会社が提供しているのものなので当然ですね)、本とは別に、ファイルとして PC に入れておけることは、単純に助かるし、とても嬉しいです。

最近は、ソフトウェアがどんどんオープン化されて無料で使える時代になりましたが、これもオープン化のひとつですね。ノウハウのオープン化といえると思います。

ちょっと前であれば、このようなノウハウこそが、各社の持ち味であり、ウリであり、要するに利益の源泉であったわけですが、このような試みに対峙すると「知」に対する考え方の確実なパラダイムシフトを肌で感じます。

詳細を隠すことで価値を得ていた「知」がオープン化され、誰もが有益な「知」に手軽にアクセスできるようになったとき、新たなイノベーションが生まれていく気がします。

今はまさに、その胎動期。

ソフトウェア産業に限らず、小売業でも、外食産業でも、積み上げた独自のノウハウを隠し、それを活用して利益を得るやり方は、もう古いのかも知れません。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次