ヤクニン

作業はしているんですが、仕事がまったく進みません。

今日もいつものようにだらだらと会議(責任の押しつけ合い)をしていたので、ふと『世に棲む日日』のこんな一節を思い出してしまいました。

「ヤクニン」という日本語は、この当時、ローニンという言葉ほどに国際語になっていた。ちなみに役人というのは、徳川封建制の特殊な風土から生まれた種族で、その精神内容は西洋の官僚とも違っている。極度に事なかれで、何事も自分の責任で決定したがらず、ばくぜんと、「上司」という言葉を使い、「上司の命令であるから」といって、明快な答えを回避し、あとはヤクニン特有の魚のような無表情になる。
上司とはいったいたれか。その上司とかけあおう。
と、外国人が問いつめてゆくと、ヤクニンは言を左右にし、やがて「上司」とは責任と姓名をもった単独人ではなく、たとえば「老中会議」といった煙のような存在で、生身の実体がないということがわかる。

この時代から 130 年ほど経ちますが、ここ 2004 年のシステム開発現場でもまったく同じことが起こっています。高杉晋作のような決断力とスピード感のある人間がいればと切に願います。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次