12 人の優しい日本人

これは間違いなく邦画の傑作でしょう。絶え間なく笑えます。

created by Rinker
¥1,180 (2022/10/07 14:14:36時点 Amazon調べ-詳細)

日本に陪審員制度があったら?みたいな設定でしょうか。

ある事件の陪審員として無作為に選ばれた 12 人があれやこれや話し合う様子だけで成り立ってる映画です。舞台は最初から最後までずっと会議室。って、僕がダラダラ書くよりも観てもらうのが一番なんですが、いろんな議論をしてるうちにみんなが有罪・無罪と揺れ動いてる様子が本当に面白いんです。

まだ売れてないころの豊川悦司が出てたりもします。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次