堀江社長と江藤新平

日経ベンチャーより。(via ネタフル)

明るいおカネ第一主義の伝道師 ライブドア社長 堀江貴文

2004 年のプロ野球の新規参入騒動は、異色のニューヒーローを生んだ。ホリエモンこと、堀江貴文。32 歳の挑戦的な金持ちの登場は、「礼儀知らず」と年寄り達を激怒させ、閉塞感の中にいる若者達を歓喜させた。

長文だけどすっと読めます。

そして読了後、堀江社長の生き方が『歳月』の江藤新平のそれと重なって、妙に寂しい気分になりました。彼らはとても似ている気がします。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次