ロスチャイルド

先日、夕飯のお鍋を食べ終わった後に食休み的に『ロスチャイルド家』という本を読んでいました。世界の金融と産業を牛耳り、歴史を裏から動かした一族の栄華。日露戦争との深いつながりなど、その圧倒的なスケールはとても刺激的でした。キリのいいところまで読んだところで、テーブルの上に本を置き、お鍋の後片付けをしていると、一緒に片付けていた妻が大きな声をあげました。「あ!ロスチャイルド家が鍋の汁で汚れてるよ!」……。鍋の汁ってあんまりじゃないですか。名家の栄華の歴史への辱めです。どうせならロックフェラー家とかに汚して欲しかったです。…って、いつにもまして内容がないですね。まあ、でも、気にしないことにします。おはようございます。

created by Rinker
講談社
¥924 (2022/09/29 16:33:11時点 Amazon調べ-詳細)
気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次