逆説的な表明

左手の薬指にしているのは、いうまでもなく結婚指輪。

右手の薬指にしている指輪は相手がいることのアピールなんだと、前に電車の中で高校生が話していた気がする。(真偽は定かではない)

ちょっと前には、独り身アピールのシンゲルリンゲンとかも話題になった。

そう、これらは全部ストレートな表明である。


今日、帰りの電車ですごい人を見た。

その女性、なんと右手のすべての指に指輪をしているのだ。

残業の疲れも一気に吹っ飛び、これは一体なんの表明だ?と気になってチラ見しまくっていたら、よく見ると薬指だけ指輪をしていないことに気がついた。

そういう逆説的な表明の仕方もあるのかと感心した。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次