いまどきのお寺

東京のお寺をいろいろ調べていたら、豊島区にある金剛院というお寺のウェブサイトに行き当たった。

お寺のウェブサイトなんてどうせショボイんだろう。そんなことを思った人がいるなら大間違いだ。いまどきのお寺をなめちゃいけない。

まず、いきなり目につくのは和尚ブログだ。その名も「金剛院和尚のぶつぶつ日記」で、きっちり携帯にも対応し、QRコードまでのっけてある親切さだ。ほぼ毎日更新され、内容も「お昼に入ったそば屋の天ざるのエビがイナバウアーだった」など、俗っぽい内容ばかりで、本当にこれでいいのかと疑問に思うほどである。

さらに内容はそれだけにとどまらず、般若心経のダウンロードはもちろんのこと、仏教用語入りクロスワードパズル「ぶつ仏クロス」もPDFダウンロードできる(ちょっとおもしろかった)。

さらに圧巻なのは、精進料理レシピである。精進料理というと、菜っ葉とか沢庵だとかそんなイメージしかなかったのだが、こと金剛院に限ってそんなはずはない。「海老芋のホイル焼 納豆ソース」や「かぶのカレークリーム煮」や「焼きトマトの林檎酢かけ」など、お寺のくせにやたらオシャレである。

お寺みたいな伝統的な存在がキッチリと時代に適応していく。こういう様をみているとおかしみをおぼえる反面、もっと超然としていて欲しい気持ちもある。普段お寺に興味なんてないくせにこんなことを思うところ、興味はなくても時代に流されて欲しくない存在が自分の中で確実に存在するんだなあと思った。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次