99%の誘拐

久々のミステリ。昔はミステリばかり読んでいた僕も、最近は技術書とビジネス書と歴史系ばかり。反省をこめて原点回帰ということで。

¥412 (2022/10/25 10:41:39時点 | Amazon調べ)

本書は「この文庫がすごい!」の2005年第1位の本らしいです。出てくる技術が少し古いとか技術的に可能なの?とかはとりあえずおいといて、スピード感を楽しみましょう的な作品になってます。おもしろかったです。

著者の岡島二人という名前を初めて聞いたのですが、作者ハマリする僕としては『クラインの壺』とか他の著作も読みたくなりました。(というか、先ほど数冊ワンクリックしました)

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次