もののあわれ

僕の家から見える公園に植えてある桜の木に、うっすらと花がつき始めました。

今週末ぐらいは満開になりそうで、ちょっと楽しみです。

桜といえば最近印象的だったのが、少し前に話題になったベストセラー『国家の品格』の次の一節です。

… 日本人の感性の鋭さの一例が、例えば桜の花に対するものです。

桜の花は、ご存じのように本当に綺麗なのはたったの三、四日です。しかも、そのときをじっと狙っていたかのように、毎年、風や嵐が吹きまくる。それで「アアアー」と思っているうちに散ってしまう。日本人はたった、三、四日の美しさのために、あの木偶の坊のような木を日本中に植えているのです。

桜の木なんて、毛虫はつきやすいし、むやみに太い上にねじれていて、肌はがさがさしているし、花でも咲かなければ引っこ抜きたくなるような木です。しかし日本人は、桜の花が咲くこの三、四日に無上の価値を置く。たったの三、四日に命をかけて潔く散っていく桜の花に、人生を投影し、そこに他の花とは別格の美しさを見いだしている。(国家の品格 – P104)

本書によると、この感覚は「もののあわれ」という言葉で表される、儚いものに美を感じる日本人特有な情緒とのこと。

その辺の話についてはちょっと書きたいこともありますが、でもまあ、とりあえずそんなことはおいといて、今週末は花見!花見!

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次