SAW3、ソリッド・シチュエーション・スリラー

なんかいかにも煽りっぽいですが…。

怖すぎて公開危機、米ホラー映画 – Yahoo!ニュース

米ホラー映画の人気シリーズ第3弾「SAW3 ソウ3」(ダーレン・リン・バウズマン監督)が、あまりに凄惨(せいさん)な内容で、一般作品として「公開危機」に陥っていることが8日、分かった。配給会社はすでに、11月18日の封切りを決めたものの、映倫審査は本国からプリントが届く9日以降。何とか成人指定を避けたいとしているが、米国審査では4回も差し戻された問題作。配給、宣伝、劇場関係者は、本編の到着をハラハラドキドキの心境で待っている。

SAWはソリッド・シチュエーション・スリラーというジャンルにカテゴライズされるらしいです。

ソリッド・シチュエーションっていうのは、名前の通り、話の状況設定がいきなり固定されちゃってるということ。なぜそういう状況になったか? そんなことは一切考えさせずに、とりあえず作者が提供したその状況に浸れ!という問答無用なものです。『CUBE』とか『es』とかもこのジャンルですね。

このジャンルの話は、個人的にはかなり好きなのですが、SAWシリーズは、相当期待してみるからか、前々作・前作はちょっと物足りなかったので、今回こそはと激しく期待しています。11/18全国ロードショーとのこと。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次