知価社会では商人的才覚が重要である

普通にいまでも通用する考え方。ということは、普遍的な原則なのだろう。

先見性、決断力、迅速な行動、この三つがこれからの企業経営者や管理者にとって最も重要な要件になる。こうした能力を古来、日本では「商人的才覚」と呼んだ。これからの知価社会は、商人的才覚が重要な役割を果たす時代なのだ。

『三脱三創』

目次

参考

著:堺屋 太一
¥24 (2022/12/03 13:05時点 | Amazon調べ)
気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次